【モノづくり初心者向け】IOT地球儀の作り方|プロトタイプ作製のフローが分かる

YouTubeで公開中

※動画ではMacでデモを行なっていますが、Windowsでも全く同じコードで実行できます。

IOT地球儀の作り方|プロトタイプ作製のフローが分かる

今回は、CQ出版発行のInterface 2021年7月号(P.73〜83)に掲載されている、IOT地球儀について紹介します。

これを見れば、プロトタイプ作製の一通りのフローが分かると思うので、モノづくり初心者の方はぜひ見て下さい!

IOT地球儀とは

IOT地球儀とは、その名の通り地球儀をIOT化したもので、地球が回転する事と時間が経過する事の関係性を視覚的に理解できる、新しい知育ガジェットです。

地球儀を1回転させると、その回転角度に応じてブラウザ上の定点カメラの映像が切り替わります。
(例えば、地球儀を180°回転させると、カメラの映像が12時間分切り替わります)

構成

下記ユニットから成っています。

  • マイコンボード:ラズベリーパイピコ
  • BLEモジュール:RN4020
  • 地磁気センサ:GY-9250
  • リチウムイオンポリマー電池
  • リチウムイオンポリマー電池制御基板
YouTubeでも配信中!