ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

イントロ

サイト売買

みなさんこんにちは、ボーノといいます。

今回はざっくり分かるサイト売買「サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法」という事で初めていきたいと思います。

このブログは、サイト売買に興味はあるんだけど、なんだか一歩踏み込めない、という人に向けた記事になっています。
まずは簡単に自己紹介をさせて頂くと、私はボーノ篤史という名前で、個人が「寝ながら」稼ぐ、という事にフォーカスをして情報発信をしています。

この「寝ながら」というところがポイントで、やはり本業を持っている人は時間がないので、いかに少ない時間で効率良く稼ぐか、という点が重要になってきます。

実はそういった意味では、このサイト売買というのはとてもお勧めできる副業で、費用対効果の意味ではトップクラスだと考えています。

実際に、私はこれまで3件のサイト購入と1件の売却を通して、その収益性の高さを身を持って体感してきました。
例えば私は40万円で購入したサイトを、元を取った上で80万円で売却しました。丸々、80万円の収益を得た事になります。

・サイト購入時の契約書

サイト購入時

・サイト売却時の契約書

サイト売却時

そのために私がやった事と言えば、簡単な記事を20個程執筆しただけです。

それ以外にも、仮想通貨のサイトで正真正銘の不労所得収入を月20万円以上得ています。

サイト不労所得収益

これくらいの収益が得られるようになると、人生が変わってきます。記事は基本外注となり、あなたは管理する側になりますし、より大きなビジネスも展開できるようになります。

正しいサイトの目利きと運用方法を知れば、あなたも同じように高い収益性を身につけ、人生を変える事ができます。

あなたが今、サラリーマンでつまらない仕事をしているのであれば、なおさら、このサイト売買というのは人生を手っ取り早く変えるための、手助けになってくれるでしょう。

で、今現在サイト売買について知らないあなたも、安心して下さい。このブログでは、初心者の方向けに、基本的な内容にフォーカスしています。

そのため、この記事を学ぶと、サイト売買がざっくりどういうものか、どういった流れでやるのか、何から始めれば良いのか、という事が理解できるようになっています。

より実践的な、案件の選び方や値切り方なんかは別の記事で提供する予定なので、もしこの動画をみて興味を持って、自分も買ってみよう!という気になった人は、次のステップとしてそっちを見て頂ければと思います。

この記事のイントロは以上となります。

それではまず、スライドを使って、サイト売買ってなに?というところから少しずつ説明していきたいと思います。

サイト売買についての基礎知識

サイト売買についての基礎知識

サイト売買とは

こんにちは、ボーノです。

それではこのセクションでは、サイト売買についての基礎知識を説明していきます。

このセクションでは、このようにサイト売買とは何か?という点と、メリットとデメリットは何かという2つの内容をお話します。

サイト売買についての基礎知識

まず、そもそもサイト売買って何?という方のために説明します。

サイト売買とは、簡単に言うとウェブサイトを「商品」とみなし、仲介サービスを介してサイトを売り買いすることです。

一般的には、この図のように売主と買主の間に仲介サービスが入ります。

サイトの売り主は自分のサイトを仲介サービスに登録し、サイトの買主はその仲介サービスにアクセスして、条件に合った案件がないかを確認します。

お互いの条件や金額がマッチすれば取引成立となり、サイトの移管手続きに入ります。

サイト売買についての基礎知識

次に、よくある素朴な疑問として、サイト売買って個人でもできるの?という疑問があると思います。

結論として、購入・売却共に全く問題なく取引できます。

実際に、私も個人事業主ですらなく、完全に個人レベルで売買をしてきました。

サイト売買についての基礎知識

次に、なんかすごい難しい書類とか、知識とか技術が必要なんじゃないの?という疑問があると思います。

これも、結論を先に言うと全然難しいものは必要ないです。
最低限必要なものはこれら3つだけで、まずはサイト購入者は購入時のお金ですね。

そして、サイトを移管する必要があるのでサーバー、ドメインに関する最低限の知識があった方が良いです。ただし、仲介業者は移管手続きを移管するサービスも提供しているので、有料にはなってしまいますが、不安であればそれを利用するのもありだと思います。

そして、あとは契約書ですがこれも難しくはなく、仲介業者が用意しているテンプレートにサインをするだけなのでとても簡単です。
思ったよりも全然簡単!と思って頂けたかと思います。

サイト売買についての基礎知識

次に良くある質問として、サイトの金額の相場ってどれくらい?という質問があります。
これは、概ね一ヶ月の収益の12〜20ヶ月分と思って頂ければ大外しはしないです。
例えば一ヶ月に10万円の収益があるなら、120万円〜200万円っていうところです。

ただしあくまでこれは相場であり、サイトのジャンルやリスク、収益安定性などによって大きく増減します。
あとは余談ですが、海外のサイト売買の相場はもっと高く、日本の相場の2倍〜3倍はあります。
海外ではサイト売買がかなり活発なので、おそらくですが、高く買っても高く売れるため相場が上がっていったのだと思います。

サイト売買についての基礎知識

サイトを購入するメリット

サイト売買が何か?と何となくイメージできたところで、次にサイト売買をする事のメリットを考えてみましょう。

私の中で思い浮かんだメリットには、この3つがあります。
1つずつ簡単に説明します。

サイトを購入するメリット

まずは、なんといっても収入が増加する事です。
これは説明用の単純な例ですが、例として、毎月5万円の収益があるサイトを15万円で購入した場合、このように、4月、5月、6月の3ヶ月でサイトからの累積収益が購入金額と等しくなり、元が取れた状態になります。

その後については、この青い部分で示しているのですが、純粋にあなたの収入となります。
実際には、前のレッスンでも話したようにサイトの相場は12〜20ヶ月なので、元を取るために1年以上かかってしまう事にはなりますが、それさえ乗り越えれば不動産収入のように安定した収入源となってくれる、という事ですね。

サイトを購入するメリット

次に、時間の節約になるという点です。
アフィリエイトやブログをやられた方は良くご存知だとは思いますが、記事というのは執筆してもすぐにGoogleの検索ページに載るのではなく、長い時間がかかります。

特に、1ページ目の表示というのは途方もない時間と労力がかかります。
サイトをゼロから立ち上げた状態だと、最低でも3〜6ヶ月はアクセス数が1日数件、という長い冬の時代を覚悟しなくてはいけません。

その点、サイト売買ではサイトの持ち主がこの冬の時代を代わりに過ごしてくれているので、あなたはトップスピードでそのビジネスを行う事ができます。
なので、サイトを買う事は感覚的には「時間を買う」事であると言ってもいいかもしれません。

サイトを購入するメリット

実際に、これは私が購入したサイトのGoogleサーチコンソールの結果です。

月間4000程の検索ボリュームの商標キーワードに対して、2020/4/17に記事をアップしたのがその次の日には100位以内に入っており、ちょうど2ヶ月後の6/17にはベスト10入りをし、クリック数が急激に増加しています。
2ヶ月というと長く感じる方もいるかもしれませんが、商標キーワードで検索するユーザは商品を今すぐ欲しい!というホットユーザが多く、収益に直結する貴重なユーザです。

その分ライバルも多いので、一からサイトを立ち上げた場合、おそらく半年経ってもベスト10は難しいと思います。
その点、このサイトは最初から実績のあるサイトだったのでGoogleの信頼性も高く、かなり早い段階で順位が上昇したと言えます。
実際に、私はこのキーワードだけで12万円の収益を得ました。

サイトを購入するメリット

最後に、ノウハウが蓄積されるのも見逃せないポイントです。

これはあまり認知されていないポイントですが、私が結構重視しているところになります。
例えば、私の実体験を元に話すと、仮想通貨関連のサイトを買った時はwordpressのある有料テーマでデザイン性を高めるためのカスタマイズ方法であったり、今後の動向の話も聞けましたし、また、2チャンネルまとめサイトを購入した時は「まとめくす」というまとめ記事作成用のサイトの存在も初めて教えてもらったりしました。

これらはなかなか普段聞けない、生の情報ですので、実はお金では表せない、めちゃくちゃ価値のある事だったりします。
皆さんも、サイトの費用だけで判断するのではなく、必ずこう言った目には見えない点も考慮して購入するサイトを選ぶことをお勧めします。

サイトを購入するメリット

サイトを購入するデメリット

これまでサイトを購入するメリットを紹介してきましたが、もちろんサイト購入にはデメリットも存在します。
特に注意すべきはこれらの3つだと考えています。

順に説明していきます。

サイトを購入するメリット

まずはなんと言っても、検索順位変動リスクです。

アフィリエイトサイトを初めとして、その収益のほとんどは検索エンジンからの流入だと思います。
そのため、検索順位が変動する事は、収益性に直結する非常に重要なポイントとなってきます。
こちらにあるのは主要なアルゴリズムアップデートで、Googleは1年に数回、大規模なアップデートを行っています。
もちろん、検索順位が上がる可能性もあるわけですけれでも、リスクを持っている事も確かなので、デメリットとして挙げておきました。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

実際に、これは私が購入したサイトのデータです。
このように、2020/1/13のコアアップデートを境にキレイにアクセス数が半減しているのが分かると思います。
この時は既に元を取っていたので割と冷静に見ていられましたが、購入直後だと気持ち的にもダメージは大きくなると思います。
先を読む事はできませんが、こういった変動リスクがある事は必ず頭に入れておきましょう。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

次に、こちらも収益の低下に直結する話で、アフィリエイトの案件が停止するリスクがある、という事が挙げられます。
理由はいくつかありますが、例えばサイトの売買を行っているうちに業界全体が衰退し、稼ぎ頭の案件が停止してしまう、なんて事も良くあります。
わりとあるあるネタで、私も経験した事があります。

また、特別報酬案件、いわゆる特単は、運営者が変わってしまうと引き継げない場合もあるので注意が必要です。
そして、あとはこれもありがちなミスで、せっかくサイトを購入したのにアフィリエイトリンクを貼り替えるのを忘れてしまう、という事も有り得ます。

これだと、いくらアクセス数を増やしても自分に1円もお金が入ってこないので、めちゃくちゃもったいない事になります。
ちなみにこれについては、wordpressのプラグインであるサーチレゲックスというプラグインで、大幅にミスを減らす事ができます。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

最後に、認知度が低い、という点が挙げられます。

サイト売買はまだまだ世間的に知ってる人が少なくて、その分、出回っている案件数も限られてきます。
これは、私が取ったアンケートの結果で、サイト売買を知っている方はわずか25%しかおらず、更にサイト売買を経験した方は1%だけでした。

しかし、それは見方を変えれば購入する側の立場から見るとライバルが少ない、という事にもなるので、悪いことばかりでもないと思っています。
おそらく、今後はもっと売買がメジャーになってきてライバルが増えてくると思うので、良い案件を安く買いたいのであれば、早いうちに購入しておいた方が良いと思っています。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

サイト売買の実態

サイト売買はどこでできるか

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

こんにちは、ボーノです。

このセクションでは、もう少し踏み込んで、サイト売買の実態について紹介していきます。
これを見ると、どこで売り買いできるのかとか、どんなサイトがあるの?等の具体的なイメージがもう少しつくと思います。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

まずは、サイト売買を提供しているプラットホームについて紹介していきます。
実は、日本でもは多くのプラットホームが存在しており、私が確認した限りでも20社以上のプラットホームで売買をする事ができます。

ここでは、その中から私がわりと良く見るサイトを5つ紹介します。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

まずはUREBAです。

使いやすいUIが特徴で、私が一番よく使っているサイトです。私の今までの売買は全てここで行いました。
案件数は他の大手のサイトと比べると比較的少なめですが、今最も勢いのあるプラットホームであり、今後はもっと伸びていくと思われます。
どのプラットホームを使ったら良いの?と迷っている方は、まずはUREBAを見る事をお勧めします。

ureba ウレバ

次に、サイトキャッチャーです。

サイト売買実績No.1で、数万円単位の小規模サイトから、1億円を超える大規模サイトまで、スーパーマーケットのようにあらゆるタイプのサイトを扱っています。
業界大手の分、知名度も高く、その分ライバルが多めなところがネックですね。
私はライバルが多いところでは戦いたくないので、私自身はあまり使っていません。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

次に、ラッコM&Aです。

アフィリエイターにはお馴染みの、中古ドメインの販売サービス等を手掛けるラッコが運営しています。
こちらもUIがスッキリしていて使いやすいですが、まだ始まって間もないため案件数は少なめです。
ただ、案件は結構尖っているものが多く、見ているだけでも楽しいのでわりと好んで見てます。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

次に、サイトストックです。

案件数はトップクラスで多く、また、交渉している人数が見れるの他のプラットホームにない特徴で、案件ごとの人気度合いがひと目でわかります。
ただし、やはり人気の案件になってくると交渉人数が10人を超える事も多く、ライバルが多いため私はあまり使ってません。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

最後に、少し変わり種を紹介しておきます。

アダルトレーダーというプラットホームです。
今まで紹介してきた4つは、オールマイティであらゆるジャンルのサイトを扱っていましたが、こちらはほぼアダルトに特化しています。
案件数は少ないですが、他にアダルトを扱っているサイトも少ないので、たまに覗いてみると面白い案件を発見する事ができます。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

売買されているサイトの種類

それでは次に、売買されているサイトの種類を紹介していきます。

サイトの種類はいくつかありますが、だいたいこの5つに分類されると思います。
その中でも、その多くを占めるのはアフィリエイトサイトですね。

1つずつ見ていきましょう。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

まずアフィリエイトですが、これは本当にたくさんの種類があります。
定番の転職やプログラミングスクールに加え、仮想通貨やマッチングアプリ、ボルダリングスクールなど、あらゆる種類のサイトが出回っています。
これだけあるので、必ずあなたの趣向にあったサイトを見つけられると思います。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

次にEC、つまり通販サイトです。

やはりアパレル系が多い印象ですが、有機野菜やフラワースタンドなど、少し変わったサイトも見つける事ができます。
ただし、EC系は本気のビジネスとしてやっている方が多いので、値段は少し高めです。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

次に、ポータルサイトです。

これは、全国のマルマルを集めました、という感じのプラットホームのような存在ですね。
例えば全国のマッサージ店や猫カフェを集めたサイト等があります。
これも、自分が情熱を捧げているジャンルがあれば、購入候補になってくると思います。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

次は、少し変わってますがツール系ですね。

例えばTwitterのツイートを分析するマーケティングツールや、FXの自動売買をしてくれるシステムを販売するサイト等があります。
これは完全にビジネスとして展開しており、また、プログラムや専門知識が必要とする場合が多いので初心者の方は手を出さない方が無難です。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

最後は、サイトではないですがアカウントもかなりの数で回っています。

一番多いのはAmazonやebayで、これはいわゆる物販ビジネスをやっている方向けに売られているものです。
高い評価をつけられている店舗はそれだけ集客力があるので、わりと高値で取引されています。
また、SNSアカウントもありますね。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

データから見るサイト売買の実態

このレッスンでは、実際のデータから、サイト売買の実態を見ていきたいと思います。

自作のツールで取得したものなので、公式ホームページにもネット上のどこにも載っていない、この記事だけで見れるデータになります。
1つのサイト売買プラットホームのデータだけではありますが、完全に生のデータなので、よっぽど変なサイトよりも信頼性があると思います。

ここでは恐らく皆さんが最も気になる、これら4つの点について解剖していきます。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

まずは案件の新規登録数です。

結論として、このプラットホームでは1日平均4件の新規登録がありました。
1年を通して特に増減はなく、多くても1日0〜8件というところですね。

中規模のプラットホームでこれなので、大手のサイトでは10件近く登録があるのではないでしょうか。
思ったより、出回っているサイトが多いという印象を受けられたかと思います。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

次に、ジャンルごとの比率です。

やはり、予想通りアフィリエイトが多く、半分はアフィリエイトサイトになります。
次に多いのがブログ、EC、アカウントと続いていきます。
ブログも結局、目的としては金銭目的のアフィリエイトである事が大半なので、合わせると7割程度はアフィリエイトであると言って良いと思います。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

次に、気になるサイトの価格帯です。

ちなみに、契約金額ではなく、あくまで売主の希望価格という点はご注意下さい。
ここでは、100万円単位で、サイトの案件数をカウントしました。
結果としては、全体の80%程度は100万円以下という事なので、個人でも十分買えるオーダーだ、という事が分かって頂けたかと思います。

あとは、交渉次第ではもう少し価格は抑える事が可能です。
なお、平均価格は314万円と高額になっていますが、これは案件によっては数千万円を超えるものがあるためです。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

最後に、価格の相場について実態を見てみましょう。

サイト購入価格の相場は収益の12〜20ヶ月分が相場だという話を最初のセクションでしましたが、実際はどうなのでしょうか?
結論をいきなり言ってしまうと、それは概ね正しい、と言えます。

アカウントは収益構造が異なり、参考にならないので、アカウントを除外した572件のデータで考えると、平均希望価格は314万円、平均の月間売上は23.7万円、営業利益は15.5万円となっています。
このデータを元に、平均希望価格を収益で割ると、売上に対しては13.2ヶ月、営業利益に対しては20.3ヶ月となります。

一般的に収益と言うと後者の方になると思うので、およそ20ヶ月分が相場という事になります。
例えば30ヶ月分で売却金額を提示してきているサイトなんかは、大きく相場から外れている事になるので、交渉の余地があると言えると思います。
是非、皆さんの交渉にこのデータを役立てて下さい。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

サイト売買プラットホームを眺めてみる

案件ページを確認する

はい、このセクションでは実際にサイト売買プラットホームを使って、実際に私がどんな風に購入する案件を探しているか、どんなやりとりをしているのか等を紹介していきます。
私が良く使うUREBAをベースに説明していきますが、基本的な流れは他のプラットホームでも同じなので、参考にしてみて下さい。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

まずはざっと案件を見てみましょう。
こちらの案件一覧ボタンを押します。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

するとこのように案件が並んでいるページに行きます。
この月だけでも結構な数の案件が並んでいますね。
少し眺めただけでも、喪中はがきだったり、食事宅配だったり、婚活マッチングサイトだったり、色んな特化型のアフィリエイトサイトを見つける事ができます。

試しに、喪中はがきに特化したアフィリエイトサイトなんか聞いた事ないので面白そうですね。値段も手頃です。ちょっと覗いてみましょう。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

で、各ページには、このようにWordPressで運営してます、だったり、ページ数がどれくらいあります、とか、売却理由なんかを確認する事ができます。
あと、この売り主さんは、「喪中はがきを紹介するサイトです。」とだけ書いていますが、人によっては、案件詳細に、そのサイトにかける思いや、売り上げの推移、その他買い主に希望する条件なんかを書いてる人もいます。
ちなみにここで書いてあるのはどの項目もめちゃくちゃ重要なので、本気で購入を考えているのであれば、1つ1つちゃんと確認してください。

このページの中で特に私が重視しているのは、希望価格、売り上げ、PVはもちろんですが、ページ数、売却理由を必ず確認しています。
これらの理由は1つずつ説明すると長くなってしまうので、別の記事で話していきたいと思っています。
後は、サイトのURLも当然知りたいですよね。では次に、サイトの売り主に問い合わせをしちゃいましょう。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

問い合わせの仕方

サイトのURLなどはデフォルトでは掲載されていないので、そういった場合は「交渉を申し込む」ボタンから気軽に問い合わせしちゃいましょう。
私はサイトURLと合わせて必ず聞く項目があるので、テンプレートしてEvernoteに保存しており、その文言をコピペしていつも使っています。
こうすると、時短になるのでお勧めです。

ちなみに、確認している事は4つあって、サイトのURLと、直近数ヶ月のGoogleアナリティクスデータ、サーチコンソールデータ、発生報酬の内訳です。
そして地味に重要なのは、あなたが何者か?という情報です。サイトを売る方には、あなた意外からも、たくさんの問い合わせメールが届いています。

売り主から見て、購入する意思のなさそうなメールはただの冷やかしだとみなされて、相手にすらしてくれません。
なので、あなたが何者で、購入する可能性がある、という事をちゃんと文章の冒頭で書きましょう。
私が普段使っているテンプレートを教材として載せておくので、ぜひお使い下さい。もちろん、そのまま使って頂いても、改変して頂いても構いません。

初めまして。

現在オンライン事業を展開しております、XXと申します。

この度事業の拡大を検討しており、既に多くの実績を上げられている貴サイトの購入を前向きに検討しております。
自身としてもXXジャンルのサイトを運用しており、親和性が高いと考えています。

つきましては、まずは下記点をご教示頂いても宜しいでしょうか?

・サイトURL

・直近3ヶ月間のGoogleアナリティクスデータ

・直近3ヶ月間のGoogleサーチコンソールデータ

・直近3ヶ月間の発生報酬内訳

これらの内容を拝見させて頂いた上で、購入金額について提案させて頂ければと存じます。
お忙しいところ恐れ入りますが、ご連絡頂けますと幸いです。

以上、宜しくお願い致します。

問い合わせを送るときは、こちらのフォームに文章を入力して、「送信」ボタンを押すだけです。
やりとりが始まると、その内容はこちらのマイページ、「サイトを買いたい!」から確認する事ができます。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

私は過去に膨大な数の問い合わせを行っているので、このようにずらっと並んでいます。
ちゃんと数えてないですが、100件は余裕で超えてると思います。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

試しに1つ見てみますと、このように問い合わせに対して回答がもらえるとLINEみたいなチャットをしている感覚でやりとりできます。

皆さんも、気になる案件があったら躊躇わず、ひとまず問い合わせするところから初めてみて下さい。
テンプレートをコピペするだけなので、5秒で完了です。
基本的に、サイトを購入するところまでは、このフォームで全てのやりとりを行います。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

はい、という事で、簡単ですがこのセクションではUREBAをみながら、実際の案件ページややりとりの方法について紹介してきました。

大体のイメージは掴んで頂けたでしょうか?
では、最後にサイト売買の流れを説明して、この記事を終了したいと思います。

サイト売買の流れ

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

サイト売買の5つのステップ

はい、こんにちは、ボーノです。
記事の最後として、このセクションでは、サイト売買の流れについて話をしていきます。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

このセクションでは、サイト売買を実際にどういう流れでやるかという点と、用意した方が良いものについて説明をしていきたいと思います。
このセクションは、若干、難しい内容も含んでいますが、サイト売買をスムーズに行うためには抑えておいた方が良いポイントなので、理解しておく事をお勧めします。

まずはサイト売買の流れについて話をしていきます。
サイト売買は、利用するプラットホームに関わらず、ご覧のように概ね5つのステップから成っています。
順に、簡単に説明をしていきます。

ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

まずは、購入金額を決定する事から始まります。

前のセクションで一例を見せたように、目当てとなるサイトが見つかったら、売主に対して問い合わせをして、詳細を確認していきます。
そこで、値段交渉をして、最終的にお互いに納得のいく金額になったら、一番最初のステップは完了です。

初めてのサイト売買 001

次に、2ステップ目として、契約書の締結を行います。

ここでサインをした以降は、原則的に金額の変更やキャンセルは行えないので、十分に自身が納得した上でサインをしましょう。
また、結構重要な事が書いてあるので、めんどくさがらずに、契約書の中身もちゃんと確認しましょう。
例えばUREBAの提供する契約書のテンプレートには、「サイトを譲渡した者は、その後数年間は同ジャンルのサイトを運用できない」等の記載もあります。

自分が売主だったとして、意図せず、また同ジャンルのサイトを立ち上げてしまうと、最悪契約違反として罰則金等も課せられる可能性があるので、やはり契約書の内容はちゃんと読んでおいた方が無難です。

初めてのサイト売買 002

次に、3ステップ目として、サイトの飼い主は仲介業者に仮払いを行います。

ここで、直接サイトの売主に支払わないのには理由があります。例えば、サイトを譲渡した後にサイトの買い主から売主に直接支払う仕組みだと、サイトを譲渡された直後に雲隠れして、支払いが行われないリスクがあります。
逆に、サイトを譲渡する前に、サイトの代金を買い主が売主に先払いする仕組みだと、支払われた直後に売主が逃亡してしまうリスクがあります。
これらのリスクをなくすために、多くのプラットホームでは、仲介業者が一旦代金を預かり、正式に譲渡が行われた事を確認した後に、売主に支払うという方法を取っています。

信用のある仲介業者が間に入る事で、お互いに安心して譲渡作業が行えるわけです。
ちなみにUREBAでは、このような支払い方法をエスクローと言っていますね。

初めてのサイト売買 003

次に、4ステップ目として、ここでいよいよサーバー、ドメインの移管手続きに入ります。

ここが一番理解し辛く、初心者の方が知りたいポイントだと思いますので、次のレッスンで少し細かく説明をしています。

初めてのサイト売買 004

最後に、5ステップ目で、実際にサイトの売主に仲介業者から代金が支払われ、取引自体は終了となります。

ただし、ここで完全に売主と買い主の縁が切れるわけではなく、多くの場合は、この後、数ヶ月間のアフターフォロー期間があるので、必要に応じて売主/買主はやり取りを行う事になります。

初めてのサイト売買 006

ちなみに、期間はどれくらいかかるの?という事も知りたい方がいると思いますが、1〜5まで、大体1ヶ月〜2ヶ月というのが平均的なところかと思います。

もちろん案件が小さかったり、サイト売買の経験がたくさんある方はもっと短く、1〜2週間でやったりもするんですが、初めての場合は、長くて2ヶ月見ておけば間違い無いかなと思います。

初めてのサイト売買 005

サイト売買で用意した方が良いもの

次に、サイト売買で用意するものを紹介していきます。

なお、ここでは最もサイトの譲渡方法として簡単な、ユーザIDとパスワードを引き継ぐ場合、について話をしていきます。
譲渡方法としては、他に、サイトのコンテンツを相手のサーバーから自分のサーバーに引っ越しさせる方法等もあるのですが、かなり技術的な話になってしまう事と、レアケースであることから、ここでは説明を割愛します。

初めてのサイト売買 008

で、サイト売買で用意するものは、あなたがサイトを買う側か売る側かで少し内容が異なってきます。
どちらかというと、サイトを売る側の方が用意が大変です。
まず買い主側としては、必ず必要なものはサイト購入代金と、契約書があれば最低限はクリアです。

また、あるとベターな事としては、サーバーやドメインに関する基礎知識があると、よりスムーズな取引が行えてトラブルのリスクを減らせると思います。

初めてのサイト売買 009

次に、売主の場合ですが、まず必ず必要な事は手数料、契約書の他に、サーバー・ドメインのユーザIDとパスワード、そしてWordPressで運用している場合は、WordPressのユーザIDとパスワードも必要になります。

あるとベターな事としては、サーバー、ドメインに関する基礎知識に加え、アフィリエイトリンクをまとめたリストや、もしTwitter等のSNSも運用している場合はそのアカウント情報、そしてサポートをするための問い合わせ先も伝えておくと、その後スムーズな譲渡ができると思います。

初めてのサイト売買 010

で、ちなみになんですが、先ほどサーバー・ドメインに関する基礎知識があった方が良いと言いましたが、「基礎知識ってなんだ?」と思われる方もいると思います。
ここで言う基礎知識は、私個人的には、「ウェブサーバーとネームサーバーの2種類が存在する事を認識している事。」であると考えています。

普段あまり意識する事はありませんが、ウェブサイトを見るという行為は、ネームサーバーとウェブサーバーの2つがそれぞれ別々の役割をこなすことで実現しており、このように4つの工程から成っています。
ネームサーバーには、そのドメイン名がどこのサーバーに存在しているかが格納され、ウェブサーバーは、ウェブサイトの中身が格納されています。
この両方のサーバーが存在して初めてユーザがそのサイトを見れるようになるので、サイト売買をする際も、必ずこの2つのサーバーを引き継ぐ事、もしくは譲渡する事を頭の隅に入れておきましょう。

特に、ネームサーバーの存在は忘れがちなので要注意です。実際に、私もネームサーバーを譲渡してもらうのを忘れており、更新漏れで痛い目に合った事があります。

初めてのサイト売買 011

次に、このセクションの最後として、私が実際にサイトを売却した場合に、買い主に提供した内容についてこちらの図にまとめてみました。
サイトを売る時は、ご覧のようにたくさんの情報が必要なので、少しハードルが高く感じるかもしれません。

一方で、サイトの購入者は本当に契約書とサイト購入代金だけで済むので、サイト売買未経験の方は、まずはサイトを買う側に回って、一連の流れを覚えてみるのが良いと思います。

初めてのサイト売買 012

はい、ということで、このセクションでは、かなり具体的なサイト売買の流れについて説明をしてきました。
ここで話した事を抑えておくと、実際のやり取りがかなりスムーズにいくと思いますので、ぜひ抑えておいて下さい。

まとめ

はい、という事で今回はサイト売買の概要として、サイト売買の基礎知識から始まり、実際のデータやサイトを見ながらサイト売買の実態についても解説し、最後に売買の流れも紹介してきました。

これで記事は終了となります。
皆さん長い時間お疲れ様でした。

この内容を学んだあなたは、サイト売買の基礎知識を身につけた事になります。
サイト売買は最初にも話した通り、正しく行えば費用対効果が非常に高く、手っ取り早く人生を変えるための最適な手段だと考えています。
実際に、私自身もこのサイト売買で人生を変えました。
まずは最初の第一歩として、サイト売買プラットホームに登録してみて、なんでも良いのでサイトを売っている人に話しかけてみて下さい。
どんな反応が返ってきたにせよ、きっと、それを元にまた次の段階にステップアップできるはずです。

そして、ここでは概要レベルに止まりましたが、次のステップとして実際にサイトを選ぶ際の目利きの方法だったり、サイトを安く購入する方法、サイト購入後に利益を伸ばす方法、また、サイトを高く売る方法等も紹介していきたいと思っています。
最後になりますが、私はもっとたくさんの記事を発信していきたいと考えています。
まだまだ慣れない点も多く、記事の中でわかり辛い所や痒いところに手が届かない箇所もあったかと思います。

ぜひ、レビューで率直な意見やコメントを頂けると嬉しいです。
こういった記事も出して欲しい!ていうリクエストもあったら、その旨も記載して頂けると今後の記事作りの参考にもなります。宜しくお願いします。
それではこの記事は以上となります。

YouTubeでも配信中!