Xcode5でStory Boardを使わずにTabBarを実装した時のまとめ

Large 4772464134

photo credit: Enokson via photopin cc

こんばんは、ボーノです。

使った人は分かると思うが、XcodeのStory BoardやInterface Builderは見栄えは良いけど実際はかなり使い辛い。

一番やっかいなのは、viewやviewControllerがどのように動作しているのか、裏側が見えないこと。

ということで、動作を理解するためにもこれらのツールを使わないで実装してみた。

ちなみに、Xcode4.Xでの実装方法はわりとたくさんあったけど、Xcode5.Xでの情報はまだまだ少なかった。
参考になれば幸いです。

なお、今回はXcode5.0.2(2014/1/2時点で最新)でテストしています。

Story Boardを使わないでTabBarを実装してみる

Empty Applicationで起動

Xcodeを開いて、「New」>「Project」から「Empty Application」を開いて下さい。

Product NameはここではTabTestとします。

スクリーンショット 2014 01 03 0 36 31

必要な素材を揃える

ここでは、お試しとしてタブを2つ用意します。

「FirstViewController」と「SecondViewController」を作成します。

スクリーンショット 2014 01 03 0 45 08

スクリーンショット 2014 01 03 0 45 52

Delegateファイルを少し修正

下記の通り、少し修正を加える。

AppDelegate.hファイル #import <UIKit/UIKit.h>

AppDelegate.mファイル

Viewを整えて完成

後は好きな様に「FirstViewController」と「SecondViewController」の中身を変えて完成。

スクリーンショット 2014 01 03 1 23 10

参考

たくさん見たけど、下記2つのサイトが一番分かりやすかった。

iPhone アプリ研究会 Interface Builder を使用しないアプリ開発

Interface Builderを使わない最も基本的なiPhoneアプリ開発 - blog.ryotarai.info

後は、他にもコードだけでUIを作成して理解を深めたい人は下記本もおすすめ。
自分が知っている、恐らく唯一の、コードのみでの実装を解説した本。

おすすめの記事